現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 大連ニュ-ス → 
03.13 09:36

2月大連CPI、前年同期比べて4.5%上昇

テキストサイズ
    国家統計局大連調査チームが発表したデータによると、2018年2月には大連市消費者物価指数(CPI)が前年同期比4.5%上昇し、食品価格は5.7%上昇、非食品価格は4.2%上昇、消費財価格は3.1%上昇、サービス価格は7.2%上昇だった。1~2月のCPI平均値は同4.0%上昇した。    2月には大連市のCPIが前月比0.8%上昇した。そのうちに、食品価格は3.6%上昇、非食品価格ほぼ同横ばい、消費財価格は0.9%上昇、サービス価格は0.5%上昇だった。    今年2月、食品タバコ酒の同期比べて5.3%上昇した。そにうちに、果物価格は14.6%上昇、卵価格は20.5%上昇、水産物価格は11.1%上昇、乳製品価格は0.6%上昇した。家畜の肉価格は3.4%下がり、豚肉価格は8.0%下落、食用油価格は0.9%下落した。                    (天健ネット日本語版)
関連情報
  1. 2月の外貨準備高3兆1345億ドルに=人民銀(03月13日)
  2. 中国の今年の経済規模、ユーロ圏を抜くことが予想(03月13日)
  3. 中国50都市の会社員、平均月給は8730元(03月13日)
  4. 中国の技術輸出入額増加率は20%以上 1月(03月13日)
  5. 1-2月の貨物貿易額16.7%増 中国の対外貿易が良い傾向を維持する見通し(03月13日)
龙8娱乐